FC2ブログ
 

SpamメールにNo!


ネットライフを過ごすにあたり、不愉快&迷惑千万な迷惑メール(spamメール)に対抗するための情報を提供します。

迷惑メールの原文をそのまま掲載しているため、不快・不適切な表現や言葉が多数出てきますが、情報の正確さを期すための対応です。
なにとぞご容赦くださいませ。

ともあれ、みんなで力を合わせて、迷惑メールを撲滅しましょう!
 
 
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

(gooニュース 2009/02/17付け)
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090217-567-OYT1T00796.html

一昨年のタクミ通信の摘発から早2年、ようやく改正迷惑メール対策法に基づく行政処分が実施されたようです!

これまでこのサイトでもさんざん告発してきたのですが、やはりどうしても迷惑メール自体の絶対量が多くて、行政の対応がかなり後手後手になっている感は否めませんでした。
行政がこういった形で具体的な対応に乗り出す姿勢を示したことは、非常に大きい進歩だと評価しています(v.v)

ともあれ先週までは、週末となるとかなりの数の迷惑メールが届いていたのですが、さすがにこの行政処分の気配を感じたか、ここのところかなり鳴りを潜めていますね。
行政サイドが、折に触れてこういった毅然とした対応を採っていただくと、こういった平穏な日々がずっと続くのでしょうが、前回のタクミ通信の時も「喉元過ぎれば・・・」でしたからね....

できる限り、こういった平和で平穏な状態が続くことを祈りたいと思っております(v.v)




 承諾のない相手に広告メールを送信したとして、経済産業省は17日、出会い系サイト運営会社「クロノス」(横浜市)に対し、特定商取引法(特商法)に基づく業務改善指示を出した。昨年12月1日に改正特商法が施行されて以降、迷惑メールを巡る行政処分は初めて。

 発表によると、同社は昨年12月1日から先月14日までの間、経産省が監視のために用意した携帯電話に、運営する出会い系サイト「Perfume」のアドレスを記載した広告メール約450通を、承諾を得ないで送信した。経産省によると、同社は毎月30万通近くの広告メールを送信していたという。

 同法改正前は、件名に「未承諾広告」であることを明記するなど一定の要件を満たせば、合意がなくても広告メールを送ることができたが、改正により、原則として事前に相手の承諾を得ない広告メールは禁じられた。

 同社は「違法とはわかっていたが、改正特商法施行前の送信方法を続けていた」と話しているという。


 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
ブログ内検索

アースマラソン応援バナー

 
 
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事
 
 
緑のgoo検索

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

 
 
コメント&トラックバック

 
 
タグリスト
 
 
SPAM対策リンク
 
 
Visitors


Visitors since 25,Sep.2005

 
 
RSSフィード
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。