FC2ブログ
 

SpamメールにNo!


ネットライフを過ごすにあたり、不愉快&迷惑千万な迷惑メール(spamメール)に対抗するための情報を提供します。

迷惑メールの原文をそのまま掲載しているため、不快・不適切な表現や言葉が多数出てきますが、情報の正確さを期すための対応です。
なにとぞご容赦くださいませ。

ともあれ、みんなで力を合わせて、迷惑メールを撲滅しましょう!
 
 
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

(IT-Pro 2007/11/06付け記事より)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071106/286514/

この手の詐欺行為、これまでは海外のケースが主流だったのですが、今回は誘導先がしっかり日本語で書かれているなど、明らかに(YouTubeでの利用者が多い)日本人をターゲットにしたもののため、警告の意味も込めて掲載します(v.v)

それにしても、いろいろと考えるもんですが、それだけ「ワンクリック詐欺」の被害に遭う人が絶えないということでしょうか。

ともあれ、この手のサイトの被害に遭わないには、何よりも怪しいサイトには決して近づかないこと。
「ちょっとした下心」もわからないではないですがA(^^;、後々大変になることを考えると、ほんのちょっとの勇気で踏みとどまりましょう!(^o^)/




 セキュリティベンダーのウェブルート・ソフトウェアは2007年11月6日、動画投稿サイト「YouTube」を使ってウイルス(悪質なプログラム)を配布する手口を確認したとして注意を呼びかけた。YouTubeで表示される「この動画について(About This Video)」のリンクから、ユーザーをウイルス配布サイトに誘導しようとする。

 ウイルス配布サイトへのリンクが張られているのは、あるテレビ番組を編集したと思われる動画。この動画に関する説明を読もうとして、再生画面の右脇に表示される「この動画について」のリンクをクリックすると、ウイルス配布サイトへ誘導される(図1)。

 誘導先のサイトにもYouTubeのような動画再生画面(プレーヤー)が表示されるが、これは偽物(図2)。プレーヤーに見せかけた、単なる画像ファイルである。プレーヤーに見せかけたこの部分や、右脇のリンク部分をクリックすると、ある実行形式ファイルがダウンロードされそうになる(図3)。

 このファイルがウイルスの実体。いわゆる「ワンクリックウエア」であり、実行するとWebブラウザーが起動されて、ワンクリック詐欺サイトが表示される。同時に、パソコン上に料金請求画面を表示し続ける(図4)。

 ウェブルートによれば、今回の手口ではYouTubeから誘導されるために、迷惑メールなどで直接誘導されるケースよりもだまされやすいという。ワンクリック詐欺は年々巧妙になっているので、今まで以上に注意するよう同社では呼びかけている。

(勝村 幸博=日経パソコン)  [2007/11/06]


 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
ブログ内検索

アースマラソン応援バナー

 
 
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事
 
 
緑のgoo検索

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

 
 
コメント&トラックバック

 
 
タグリスト
 
 
SPAM対策リンク
 
 
Visitors


Visitors since 25,Sep.2005

 
 
RSSフィード
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。