FC2ブログ
 

SpamメールにNo!


ネットライフを過ごすにあたり、不愉快&迷惑千万な迷惑メール(spamメール)に対抗するための情報を提供します。

迷惑メールの原文をそのまま掲載しているため、不快・不適切な表現や言葉が多数出てきますが、情報の正確さを期すための対応です。
なにとぞご容赦くださいませ。

ともあれ、みんなで力を合わせて、迷惑メールを撲滅しましょう!
 
 
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

(IT Proより)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071024/285335/

テキストメールやHTMLメールだったら、キーワードや誘導先URLを使って簡単にブロックされてしまうので、SPAMの配信業者もあれこれ(ゆがんだ)知恵絞っていろんな手口を使っています。

画像メール(しかもパターン解析されないように、わざわざノイズ混ぜて!)やら、ここのところ下火になったPDFメールなどがそういった新種の迷惑メールだったんですが、ここのところAdobe Readerの脆弱性を狙って、ウイルスソフトを仕込んだPDFメールが登場したんだそうです(-_-;

とはいえ、ここまで手の込んだ迷惑メールを送りつけてくるのは、たいてい海外の迷惑メール業者。
タイトルも本文も英語で書かれていたりしますので、身に覚えのない迷惑メールが海外から届いた場合は、速攻で削除するのが一番の対策でしょうか。



米US-CERTや米SANS Institute,米シマンテックなどのセキュリティ組織/会社は2007年10月23日(米国時間),PDFを開いただけで感染する攻撃が発生していると警告した。攻撃はPDFファイルが添付された電子メールを送り付け,これを開いたユーザーのコンピュータにマルウエアが仕込まれるというもの。 Windows XPでInternet Explorer 7およびAdobe ReaderまたはAcrobatがインストールされているパソコンが攻撃対象となる。

 この電子メールのタイトルには,多くの場合,「invoice」「statement」「bill」などの文字列が含まれるようだ。また,添付ファイルの名前としては,「INVOICE.pdf」「YOUR_BILL.pdf」「BILL.pdf」「STATEMET.pdf」といったものが確認されている。ただし,他のタイトルやファイル名が存在する可能性があることから,PDFファイルの取り扱いには注意が必要だ。

 対策は,Adobe ReaderおよびAcrobatを最新のAdobe Reader 8.1.1またはAcrobat 8.1.1にアップデートすること。アップデート・ファイルはアドビ システムズのWebサイトからダウンロードできる([Adobe Reader 8.1.1のアップデータ],[Acrobat 8.1.1のアップデータ])。また,Windowsのレジストリを変更しAdobe ReaderまたはAcrobatの「mailto」機能を利用不可することでも防御できる。詳細は同社のサイト(英語)に書かれているので参照してほしい。

(中道 理=日経コミュニケーション)  [2007/10/24]

 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
ブログ内検索

アースマラソン応援バナー

 
 
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事
 
 
緑のgoo検索

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

 
 
コメント&トラックバック

 
 
タグリスト
 
 
SPAM対策リンク
 
 
Visitors


Visitors since 25,Sep.2005

 
 
RSSフィード
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。