FC2ブログ
 

SpamメールにNo!


ネットライフを過ごすにあたり、不愉快&迷惑千万な迷惑メール(spamメール)に対抗するための情報を提供します。

迷惑メールの原文をそのまま掲載しているため、不快・不適切な表現や言葉が多数出てきますが、情報の正確さを期すための対応です。
なにとぞご容赦くださいませ。

ともあれ、みんなで力を合わせて、迷惑メールを撲滅しましょう!
 
 
  • --年--月--日
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

IT Proの記事からです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070302/263807/

確かに、ここのところワンクリック詐欺の迷惑メールが増えてきていて、以前圧倒的だった「出会い系サイト」への誘導メールは(少しずつですが)減ってきています。

迷惑メール 種類別件数推移


これは、先日タクミ通信の経営者が逮捕された影響もあるかと思いますが、それだけ
 誤って怪しげなサイトを閲覧してしまう
 →不正な請求されても、そのまま支払ってしまう
という人が多いことを表しているのでしょう....(-_-;

----
 セキュリティに関する相談や被害届けを受け付ける情報処理推進機構(IPA)は2007年3月2日、2月中の届け出状況を集計して発表した。それによると、ワンクリック詐欺(ワンクリック不正請求)に関する相談は過去最多の287件だったという。IPAには、「ある芸能人の情報を探していたら、知らないうちに詐欺サイトに誘導された」といった相談が寄せられている。

 ワンクリック詐欺とは、インターネットを悪用するオンライン詐欺の一種。Webサイトに置かれた画像やアイコン、リンクなどをユーザーがクリックしただけで有料サイトに登録したとみなし、払う必要のない料金を請求する詐欺のこと。

 IPAには、「登録したつもりはないのに料金請求の画面が表示された。払わなくてはいけないのか」といった、ワンクリック詐欺に関する相談が毎月寄せられている。相談件数は2005年終わりごろから増加傾向にあり、2007年2月は過去最多の287件だったという(図)。

 ワンクリック詐欺サイトのほとんどはアダルトサイト。「アダルト画像や動画が無料で見られる」などと書かれたリンクやアイコンをクリックすると、料金請求の画面が表示される。

 詐欺サイトへの誘導には、「アダルトコンテンツをタダで閲覧できます」などと記述された迷惑メール(スパム)が使われるケースが多かったが、最近では、アダルト以外の掲示板やブログサイトなどから誘導されているケースも増えている。IPAによれば、2月中の相談件数のおよそ3割は、アダルト以外のサイトから誘導されていたという。

 IPAでは、ある芸能人の情報が掲載されたブログサイトが、詐欺サイトの“入り口”になった事例を紹介している。相談を寄せたユーザーは、検索サイトを利用して、ある芸能人の情報が掲載されているサイトを探していた。すると、その芸能人のファンが作ったと思われるブログサイトを発見。アクセスすると、サイトにはその芸能人の画像が掲載されていた。そして、同じページに書かれた「もっと見たい方はこちら」というリンクをクリックしたら、アダルトサイト(ワンクリック詐欺サイト)に誘導されたという。

 ここで引き返せば(Webブラウザーを閉じれば)問題はないのだが、このユーザーは好奇心に駆られて、「無料動画」などと書かれていたリンクをクリック。その後表示された「年齢認証」や「入会規約」のダイアログでも「OK」ボタンをクリックしたら、サイトの利用料金を請求する画面が表示された。

 IPAではこういった相談が増えているとして、アダルトサイトにアクセスすることがないユーザーでも「油断は禁物」と警告している。加えて、アダルトサイトなどにいきなりジャンプした場合には、興味本位でその先に進まない(リンクなどをクリックしない)よう注意を呼びかけている。
(勝村 幸博=日経パソコン)  [2007/03/02]



誤って「ワンクリック詐欺」サイトを開き、請求の画面が開いたり催促のメールが送られてきた場合でも、あわてることはありません。

この時点でも、不正請求を行っている相手先に知られているのは、せいぜい
・あなたのメールアドレス(場合によっては、これさえも知られていない)
・あなたのパソコンのIPアドレス
・その他、あなたのパソコンのブラウザーの情報
の3つくらいです。

なので、いくらサイトやメールに
「会社や自宅に徴収に行く」
とか
「支払いのない場合は法的手段を」
などと書いてあったところで、住所も連絡先も分かりっこないのですから、徴収や法的手段の採りようがありません。

ましてや、高々数万円のカネを徴収するために、わざわざ交通費や人件費を何万円もかけるほど奇特な人はいないでしょうA(^^;


以上のような具合ですので、
そのような請求は徹底的に無視する
のが一番の得策ですが、その他望ましくは次の対処を採られることをお勧めします。

1)メールアドレスを変える
詐欺業者にメールアドレスが知られている上に、「迷惑メールに反応する人間のリスト」として、メールアドレスが他の業者に転売されているかもしれません。

2)ブラウザーのキャッシュやクッキーを消去する
誘導された詐欺サイトで、利用者を特定するためクッキーやスパイウエアなどを配布している場合もあります。
このため、まずはブラウザーに残っているクッキー情報はきれいに削除しておきます。

3)振込先銀行に通知する
不正請求の画面では、振込先として銀行支店名・口座名義人・口座番号などの情報が表示されます。
これらの銀行の支店に、「ワンクリック詐欺の被害に遭いかけた」旨を通知して、口座を凍結してもらうように依頼します。

これらの口座は架空口座であることが多いし、不正請求が広く社会問題になってきていることもあって、比較的速やかに対処してくれる銀行も増えてきているようです。

4)最寄の警察のハイテク相談課に相談する
メールでもかまわないので、最寄の警察のハイテク相談課に情報を入れてください。
 
 
 
 











管理者宛の投稿

 
 
 
 
ブログ内検索

アースマラソン応援バナー

 
 
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 
 
カテゴリー
 
 
最近の記事
 
 
緑のgoo検索

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

 
 
コメント&トラックバック

 
 
タグリスト
 
 
SPAM対策リンク
 
 
Visitors


Visitors since 25,Sep.2005

 
 
RSSフィード
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。